スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13の山歩き日記。

秋、紅葉のシーズン。
ということで、思い立って山に登りに行って来ました。

今回向かった先は四国にある「石鎚山」、標高1982mの山です。
真っ暗な中、車に乗って愛媛県を目指します。
CIMG0261_convert_20121015131559.jpg
何とか進んでいくとその内辺りも明るくなってきました。
でも果たしてこの道で合ってるのかしら?!?!
CIMG0263_convert_20121015131636.jpg
不安に思いながら、でも正しいだろうと言い聞かせます。
多分登る山は↑コレだと思われます(笑)
そんなこんなで無事に目指す駐車場に停めることができ、いよいよ登山開始=3
まずはそれほど傾斜のきつくない道を進んでいき
CIMG0267_convert_20121015131709.jpg
岩場の場所や階段状になってる場所を登っていきます。
あまり休憩も取らずに黙々と進むタイプなので、周りの景色を楽しんでいない感じ(笑)
CIMG0272_convert_20121015131754.jpg
この鳥居の先からは傾斜のきつい階段が続く道になりました。
途中‘鎖場’という急勾配を鎖で登っていくというルートもありますが
私は迂回路使って先に進みました。
この迂回路が結構きつい階段で、息が上がるε=(-Д-;)
ゼイゼイ言いながら登っていくとようやく石鎚神社山頂社がある「弥山」に着きました。

まずは神社にお参りして、無事に着いたことをご報告します。
CIMG0276_convert_20121015131829.jpg
そして目指すはもう少し先に見える「天狗岳」(とんがった先の所)
ここにはどうしても行きたかった、早い時間から登り始めたのもそのためです。
しかしあの先に行くには岩に張り付くようにして岩場を進んでいかなくてはならない・・・
どうしたものかと思っていたら、
さきほど登りの途中で声を交わした男性と偶然会い
その方も天狗岳へ行くというので、後ろを付いて行かせてもらうことにしました。

人が一人辛うじて歩けるような所や、わずかの段差に足をかけて登る岩場を乗り越えて
ようやく天狗岳へ着いたときは本当に「やった!」と言う感じ。
周りの音は何も聞こえずに、空を飛んでいく飛行機のエンジン音だけが響いています。
CIMG0278_convert_20121015131903.jpg
一緒に渡ってきてくれた男性と写真を撮りあい、元の弥山の方へと戻っていきました。
もう一度、神社へ登山のお礼と無事下山のお願いをして、男性とはここで別れました。
CIMG0284_convert_20121015131950.jpg
それにしても下を見るとかなりの傾斜具合、落ちたらゴロゴロといってしまいそうです(笑)
お茶を飲んだり、お菓子を食べたりしていたら
段々と登山客も増えてきたので下山することにしました。
CIMG0286_convert_20121015132026.jpg
それにしても秋の空はきれいだね~~(*´艸`)
CIMG0289_convert_20121015132056.jpg
雲の顔もあっという間に変化していく。
CIMG0290_convert_20121015132126.jpg
久しぶりの登山、どんなものかと思ってたけど来て良かった。
空気もいいし、空もいいし、何か全部いい。
これからも続けていこうかな゚+.(・∀・)゚+.゚

、、、ってその前に登山靴買わなくちゃ。
久しぶりに履いた登山靴、あまりに久しぶりすぎて途中から底がはげました・・・_| ̄|○
だって、そりゃ~富士山以来だもん、仕方ないよね。。。(6 ̄  ̄)アハハ
スポンサーサイト

もしかして、一人で行った???

すごい行動力だね。

無事に下山できて良かったね。

私も富士山以来、登山靴は押入れに眠ったまま(。-_-。)
登山もしたいと思いつつ、ちびっ子がもう少し大きくなってからかなぁ。。。って感じです。

また皆で登りたいね!

こちらも木金で南アルプスに行ってきました。同じ百名山ですね。
心洗われ、リフレッシュしました。
何であんな幸せな気持ちになるんだろう?
何でしんどいのに登るのだろう?
答えは…山にしかない気がします。

>たかちん

富士山の靴、気をつけたほうがいいよ!
きっと、多分、同じように底がはげると思う(笑)

またどこかに行きたいね!
もう一度富士山行くのもいいかもね!!

>またたびさん

南アルプスですか~、すごいな。

山ってどういう基準で選んだらいいんですかね?自分のレベル?とかどうやって判断したらいいんでしょ?
黒部とか行きたいって思ってるけど、大丈夫かな?とか・・・。

何で苦しいのに爽やかな気持ちになるのか?確かにまだまだ登らないことには分からないかもしれません。
というか何度登ってもその時にしか分からないのでしょうね。
非公開コメント

プロフィール

aki

Author:aki
熱しやすく飽き(aki)っぽい
意外と人見知りな性格
特技:ローロウ
チャームポイント:背中
口癖:「面倒くさい」

カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最近の記事+コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。