スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行橋~別府100キロウォーク。

「行橋~別府100キロウォーク」のご報告を。
今回は超長距離をひとつの目標としていた大会です。

ついにこの日がやってきました。
朝ごはんをしっかり食べて→電車を乗り継いで現地へ向かいました。
小倉駅からのソニックの中も行橋の駅前も大会に参加する人であふれていて安心しました。
スタート地点となる「行橋正八幡宮」に着き、受付を済ませると
神社の隅に座り→ゼッケンの準備・テーピング・荷物の確認・神社へのお参り・・・
を済ませてスタート時間を待っていました。

スタート~
10時半を過ぎた頃からスタート場所への整列が始まりました。目標タイム別に並んでいくのですが、私の目標は「20時間超~」並んでる間も緊張してるのか不安なのかソワソワおちつかなくて、とにかく「早く歩き始めたい」そればかり考えていました。12時ちょうどにスタートの合図が鳴り、26分過ぎにようやくスタート門を通過し、いよいよ長い長い100キロ先へ向かって歩き始めました。
特に戦略(?)もなく「前半は無理をしないようにね」くらいしか考えていなかったので、ペースのいい人を見つけてついて行くことにしました。無理のないペースで体が慣れてきたし雰囲気にも馴染んできた頃、左足首に少しの痛みを感じました。CW-Xが当たってすれてるみたい。先は長く痛みを我慢してもしょうがないので8km過ぎでトイレ休憩。この時足首にテーピングを1周巻いてタイツが当たる場所をカバーするとその後はとても調子よく歩くことが出来ました。その後は降ったり止んだりの雨にカッパを着たり脱いだり・・・運よく二本の虹が見えた場面もありました。その内日も暮れた19時過ぎに清水家(32.3km)に到着。こちらではボランティアでぜんざいを振舞っていただけるとのことで今回とても楽しみにしていた場所。疲れた体に甘くて温かいぜんざいが染みわたりました。一緒にいただいたナスの辛子漬も美味しくて一気に元気を取り戻しました。その時一緒になった女性の話では第1CPの中津駅までは遠くないとのことだったので先を目指して歩き始めました。

第1CP中津駅(36.5km)~
「中津駅」の道路標識を見つけ少し歩いていくと大会スタッフに誘導されて駅裏のCP計測地点へ。とにかく最初のCPまでが本当に長かった・・・という感じ。通路脇には休憩箇所が準備されていたけどお水を補給させてもらって梅干をもらってそのまま出発しました。次なる目標は第2CP(62.1km)。この辺りはもう暗くてヘッドランプと後方点滅ランプを点灯、前を歩く人の点滅ランプがずっと繋がっているのが見えます。しばらく歩くと梨を振舞っていただいている土屋農園(42.0km)に到着。両手に1個ずつ梨をいただいて歩きながら食べる。甘くてシャキシャキしてて美味しかったです。40km手前から左足ふともも裏に痛みが出ていましたが、ペースを少し上げると痛みもなくなるようなので無理の無い程度にペースを保って歩くことにしました。信号待ちの時でもストレッチをして伸ばしたり曲げたり。今度は右足首に痛みを感じたのでコンビニの駐車場で休憩を取り、テーピングで左足と同じようにカバーして歩き始めました。この辺りからちらほらとリタイアする人が出始めて自分の中の弱い気持ちと完歩するという気持ちとが交互に葛藤していました。

第2CP宇佐 たんたん亭(62.1km)~
日付も変わってしばらくすると第2CPに到着、夜中だというのにたくさんのスタッフがいて「お疲れさま」と元気に声をかけてくれました。かなり足に疲れが出ていてあまり休憩を取ると次に歩き出した時に大変な目にあうのでトイレだけ済ませて出発しました。出発する直前雨がパラパラと降り始めとりあえずカッパを着て進んでいったのですが、すぐに土砂降りの雨になりました。足元は濡れて靴下までびっしょり濡れて「マメできるな」と思っていたら案の定足裏に痛みが・・・それでもただ黙々と歩くだけ。長い峠の登りを歩いて行きます。この辺りが一番きつかった(泣)それでなくとも暗くなると気分が落ち込みがちなのに黙々と孤独に歩くだけ。リタイア者を収容するバスが横を通過するたびに目で追ってました。足はふくらはぎがパンパンで伸ばすことも曲げることも苦痛なくらいに張ってました。無理やりでも足をストレッチして誤魔化しながら進んで行きます。この先にはまだ峠が二つも残っているのに足がもつのか不安ばかりでした。コンビニでおにぎり1個を補給して元気をつけて山登りに向かいます。下り始めた頃に「日の出」本当にこの時を待っていました、太陽が出てくると不思議と元気も出てきます。最後の長い峠もきつかったけど乗り切ることが出来ました。

第3CP日出 Cocoストア(87.3km)~
最後のCPに到着。明るくなっただけで気分が一気に盛り上げるお調子者(=私)、そのまま進もうかと思ったけど雨の後にマメが出来たし残り13kmを確実に進む為に休憩を取ることにしました。靴下を脱いでテーピングを張り替えたりマメを保護したり。お腹にも少し補給食品を入れてストレッチをしてゴール目指して出発しました。ここからはペースも出来るだけ上げて後悔しないようにと考えていました。周りの人達も最後だからと頑張っているみたいでした。街中に入ると信号が多くなりましたが、止まってしまうと足が動かないような気がして待っている間も足踏みしたりして待っていました。「残り5km」「残り4km」・・・この間の1kmがとてつもなく長く感じ、ただ1km先の看板を見つけるためだけに歩いていました。沿道の人達にも応援してもらって「残り1km」足は終わればどうにかなるだろう、とにかく歩こうと先に進みました。

ゴール的ヶ浜公園(101.3km)
あの辺かなと思い始めると横断幕やのぼりが見えてきました。ゴールの的ヶ浜公園の入口からは沢山の人達に迎えられてついにゴール出来ました。その瞬間から涙が止まりませんでした。終わって座り込もうにも足を曲げられず立ったままでした。荷物を降ろしこける様に座り込みました。ようやく長かった100km先にゴールすることができました\(^o^)/



今回自分で決めて申し込んだけどかなりのプレッシャーに大会が近づくにつれて気持ちが不安定になっていきました。スタートして歩き続けている時もみんなに「完歩した」と言うためだけに続けているような自分がいました。でもみんなは違ってました。意地だけで歩いている私に対して「がんばれ!がんばれ!」と応援してくれていました。その言葉に本当に励まされて続けてこれたんだと思います。本当にありがとう!感謝の気持ちでいっぱいです!

PS.長々とお付き合いいただきましてありがとうございます、写真はまたUPします。
スポンサーサイト

改めて見ると、これだけの距離をほんとに一人でよくがんばったね!
読んでるだけで、感動の涙、涙、涙・・・
でも実際の距離と時間は、歩いた人にしか分からないよね。
「長距離をコツコツとひたむきに」
この姿勢がマラソン(今回は歩きだけど)の好きなところかもしれないな~、わたし。
西村知美の24時間マラソンを見て走り始めた時のことを思い出したよ。

akiさんの歩きは、多くの人に感動を与えました!
ありがとう(^^)!!!!!

akiちゃん、私、読んでて涙出そうだった
いつも元気いっぱいのakiちゃんがつらい状況の中、あんなにがんばってたんだね
最後まであきらめずに歩き続けたakiちゃん、スゴイよ(T_T)
完走おめでとう!
よくがんばったね!
このことを経験してまた一回り大きくなったことと思います
akiちゃんのがんばりに脱帽です(^_-)

100kmの道のり。
想像を絶するね。
でも、どんな気持ちで、
どんな辛さと戦って、
どんな感動があったのか…
ブログを読んでて、
直接心に響いてきました。
読んでるだけで、涙が出たよ。
ほんとに頑張ったね!!
ほんとにあきらめないでよかったね!!
あっこ、感動をありがとう!!

>たかちん
ありがとう★たかちん。
本当に「コツコツ」と「ひたむき」に向き合うものだよね。
距離を進めていくにはこれしかないと思うよ。

また地道に練習再開しよ~(^o^)丿

>沙羅さん
ありがとうございます。
自分の気持ちひとつでダメにもなるし
がんばることも出来るんだな~とつくづく思いました。

>jun
サンキュー★jun
長い道のり、楽しい時もあったんだよ、辛い時もあったけど。
自分で挑戦しようと決めたことだから最後まで諦めずに
行こうと思ってたんだろうね。
非公開コメント

プロフィール

aki

Author:aki
熱しやすく飽き(aki)っぽい
意外と人見知りな性格
特技:ローロウ
チャームポイント:背中
口癖:「面倒くさい」

カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最近の記事+コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。