スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100を語る③。

さて、前回からの続きです。
(「郡山布引高原 第5回風の谷ウルトラマラソン」→   )


スタート地点まで戻ってきて、残りは半分。

☆50km~
約50km走ってきて、足はまだいけそうだったが胃が気持ち悪い(=_=)
ここで予備のために持っていたロキソニンと胃薬を飲むと落ち着いてきました。
何か薬で無理やり誤魔化すのって恐ろしぃ~o(>◇<)oって思ったけど
完走の為にはやむを得ず、、、でも落ち着いたことにホッとする自分。

aid.jpg

精一杯の強がりで笑顔の写真を撮り、預けてあったパワージェルを無理やり流し込み
エイドを出発します、この時が午前11時。
相変わらずのゆっくりペースで先に進みながら、頭の中で計算する。
前半が6時間、後半も同じようなペースでいけば時間内完走も夢じゃないかも。
でもそんなに甘くはありませんでした。
後半にはもうひとつの山場「御霊びつ峠」があり、かなりの傾斜が待っていました。
50km走ってきた足には走り続けるのはつらく、ここは歩こうと思い切って切り替え
峠の頂上を目指し進んで行きます。

gorei.jpg

頂上のエイドで補給し、またまた苦手な下りをゆっくりと延々と下って、ようやく峠を抜けると
あとは街中をゴールまで帰っていくだけ。
公園のエイドで聞くと残りは35km。フルマラソンの距離はもう切れている(^^)
と、コースの山場を越えた私は完全に油断しきっていました。
それまで手にペットボトルを持って走っていたのだが、正直邪魔だし、面倒くさい。
2~3km走れば給水もあるから、ここからは少しでも荷物を減らして走っていこう。
と、ボトルを捨て走り出した。
時間はちょうど午後1時過ぎ、曇予報なんて忘れるくらいの晴天で湿度も高く、ジリジリと暑い。
それまでは午前中だったし、山の中や峠で木々に囲まれて木陰もあったのだが
街中にはそれらしきものはなく、照りつける歩道の上を進んでいきました。
それでなくとも暑さは苦手なのに、手持ちの水分もない。
もう少し、もう少し、と思いながら進むけど、給水ポイントも販売機も見当たらない。
その内足が止まり、手の先がしびれ始めた(-_-)
「あー、もしかしたらダメかも。ゴールまで行けないかも。」と初めてこの時思いました。
ようやく着いた給水所でペットボトルをもらい、さらにコップで水も飲んだけど
一向にしびれが収まる気配もなく、走り出す気力もない。
顔見知りのランナーが心配して声をかけてくれたけど
「行けるところまで行こうと思います」と答え、先に行ってもらいました。

実は手持ちの中に‘塩サプリ’を持っていたのですが、最後の1個で、、、
残りまだ30km近くあるのに、この最後の1個を飲んでしまうことに不安がありました。
でも今ダメになってしまったら、その先はないんだとようやく気づき
サプリを取り、水分をガンガン飲んでしばらくすると回復し、走る気力が戻ってきました。
こんな事ならもっと早く飲めば良かった・・・。
でも回復できた事にホッとし、さらに先に進みます。


すみません、次回がいよいよ最後ですm(__)m
スポンサーサイト

回復して本当に良かった!
給水所までの数キロでも体調変化するって怖いね。
でもやっぱり100キロって長い道のりなんだね。最初の25キロはあっという間な気がしても、やっぱりまだ30キロも残ってる!
サプリ無しで残りの30キロ大丈夫なのか!?

>たかちん

ホントに・・・(>_<)
ちょっとの油断で、あっという間にダメになる。
今回またひとつ経験して、いい教訓になったよ。

サプリなしの30km。
エイドで梅干や塩あめもらって凌いだのと
水分を意識してスポーツドリンクにするってことで
なんとかなりました(*^^)v
非公開コメント

プロフィール

aki

Author:aki
熱しやすく飽き(aki)っぽい
意外と人見知りな性格
特技:ローロウ
チャームポイント:背中
口癖:「面倒くさい」

カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最近の記事+コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。